ぐるなび全国版

フォトアルバム

最近のトラックバック

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« おやじ(京都/やきそば) | メイン | がんこちゃん(名古屋/豚ホルモン) »

2011年9月26日 (月)

燻(赤坂/ステーキ)

今週から、肉好きにはたまらないライナップを

そろえました。絶対はずさないお店です!

きたー

「赤坂の燻」

熊の彫り物が迎えてくれます。

36db037bc7

お店に入る前に、

この店は、超、幻の店で、親父さんにキャラがあり、

好き嫌いの激しい、人選びをする、えこひいきもする、

そんな、変わっているが、特別な店です。

そんなことまで、聞いて、興味がある人、

お店の扉をお開きください。

入ると、この黒毛和牛が迎えてくれますよ!

641339f64a

おやっさんが、

「いい〜牛でしょ。仙台なんだけどね〜!」

で、

177526a696

「まったけもあるよ〜」

0e34a58d87

オヤッさん。水を飲みながら、迎えてくれました。

485ef55558

ちなみに、このコップ。

大き目の花瓶なんです。

わかります?、でかいんです。

親父さん、全体がでかいんです!

心もでかいんです。

82c86af241

このコップの大きさ、わかるかな?

あっ・・言うの忘れた。

入ってすぐにある、この燻製塩、

これが、秘密のもとであります。

Ccc324d2e2

「さ〜肉、仕事しようか〜」

オヤッさんが肉をトリミングして、

ちょっと厚めに切ってくれました。

8c13667176

0460566a2a

Bf65d1985a

そして、秘密の焼き釜に、今日は特別に、

「燻」の秘密の肉の火入れをお見せしましょう。

ジモンのステーキ本も発売したことですし、

さらに詳しくいきましょう。

A87bbaf3b6

まずは、炭に近いところに肉を置き、

Ea8a3e2375

高熱なので、すぐさま油に引火!

すかさず、 お肉を炭火のないところへ移動。

そして、また、強いところに移動。

181811fbc7

この繰り返し。

85da025fbf_2

この店ほど、高温で、肉を焼くお店を

見たことがありません。

絶えず、お肉を触っております。

81c6b912f4

もうひとつ秘密を

この焼きがまは燻製釜で、普通、熱は上に抜けるのですが、

熱が後ろに抜けるように特別に作られているので、

熱のこもり方が、普通の釜とはぜんぜん違います。

なので!これを家庭でやったら、火事になるし、

普通のお店ではできないので、お見せします!

16529c3ab4

焼けた〜!どーん。

3b14688e90

見てください、この肉の芸術を。

E0fbbc2bed

この色味を見てくれ、あなたは我慢できますか?

僕はできません!

7decde894b

Barだから、お酒を飲みながら、

人生の喜びトークを聞きながら、

この肉をほうばるのです。

食べ方は、

52aa5ff206

燻塩と燻醤油、そして、ワサビ、

そして、ワサビと味噌、このワサビと味噌、

黒毛の和牛を食べる最終兵器といえるほど、

油をさっぱりさせながら、うまみが、

口の中に広がります。

6d53be1646

燻で使われているワサビは

特別なワサビで、これじゃなくては、

ダメだといわれているワサビです。

詳しく書くと長くなるから、やめておきます。

56e681d7c1

この店、クリントン大統領やロブションのシェフが、

「なんだこの味はと!」

叫んだといわれる、リゾットオムレツがあります。

94cec604dc

中はトリフとフォアグラとチーズ、

うますぎて、「悪魔のオムレツ」

僕は言っております。

季節になるとマツタケのフライが出てきたり、

いろいろな、驚き料理がでてきますよ!

Ff9c344d7b

でもやっぱり、このリゾットオムレツははずせません。

13074b0c50

昔は、完全取材拒否で、好きなお客さんにはサイコーのサービス。

いや、エコ贔屓。でも、心打ち解けたら、誰でも、親父さんの

分厚い胸に飛び込めますよ!

あなたに、その人間力はありますか?

そんな、気持ちになったら、重い扉を開いてください!

新しい人生が開けますよ!

燻は、そんなお店です 通販でいろいろなものが売っているので、

調べてみてください。

お店の詳細はこちらから>>「燻(くん)」

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。