ぐるなび全国版

フォトアルバム

最近のトラックバック

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

寿司

2013年7月18日 (木)

皆でワイワイ!予約必須のお店【揚子江さん】(札幌/寿司&中華)

「夕飯コーディネーター」
私、寺門ジモンが本日もご案内します!!

札幌の出張の際に是非とも伺いたい。

打ち上げや仲間と訪れたい、予約必須のお店、揚子江さん!!

R1257704_s

R1257708_s

半分寿司屋、半分中華料理屋。その2つがあわさっちゃった感じです。

R1257712_s

見て!!この店、いつ行っても、地元の人で満杯です!

毛ガニがド~~ン!!

R1257715_s

寿司屋なので、一般には手に入らない特大のおも〜い最高のモノが入っています。

カニ味噌、たっぷりだよ!

R1257717_s

刺し盛り、見て!!

R1257718_s

これが北海道博だよ!!

名物料理、ネギトロのり巻き。

R1257719_s

R1257721_s

ネギトロのり巻きに、ウニを乗っけて、食べちゃいましょう!!

豚の唐揚げ

R1257722_s

中華屋なので、魚の間に、ちょいちょい、出てきます!

でたぁぁ~~!! ウニ玉!!!

R1257725_s

カニじゃありませよ。ウニですよ!!!

R1257727_s

ウニ玉の上に生ウニを乗せちゃいましょう。

だって、寿司屋と中華屋さんがあわさってるんですから!

やっぱり、忘れちゃいけない。これは、絶対頼んでください。特大ホッケ!

R1257728_s

R1257730_s

こんな絵のグルメ雑誌があったら、即買いでしょ!

R1257732_s

でかくて、分厚いんだよね~~。

R1257734_s

箸でほぐすと、この厚み!わかるかなぁ~!?!?

R1257743_s

締めはチャーハン!

でもその上に、横のウニ玉を掛けちゃいましょ〜!!

R1257744_s

で、こんな感じです!!

R1257746_s

それを、札幌ラーメンでかっ込みましょう!

R1257747_s

お店と詳細はこちらから>>【揚子江】(札幌/寿司&中華)

2013年5月20日 (月)

出張に行った時に寄りたい注目のお店!【一幸さん】(札幌/お寿司)

「夕飯コーディネーター」
私、寺門ジモンが本日もご案内します!!

札幌出張の際に、是非とも、ちょこっと、寄って欲しいお店、寿司の一幸

R1257619_s

京都でふと知り合った、若い人のお店です。

行ってみたら、良かったので、紹介します!!

R1257622_s

東京のお寿司屋さんや食べ歩いた結果、学んだイイ要素がイイ風に出ています。

何しろ、お寿司屋さんが若いと気も楽で食べれますよね。

R1257624_s

まず、魚を炙ってくれました。

R1257625_s

ちょい、すだちを搾る・・・。

う〜ん、キタキタ~~~!!!

蒸しアワビ。

R1257627_s

アワビの味で、アワビが完成していました!

自家製からすみ。

R1257628_s

あん肝も。

R1257630_s

さぁ~~!!ここでお寿司!!!

R1257631_s

魚の包丁の入れ方も絶妙!

R1257633_s

まぐろもいい感じ!

R1257635_s

特にウニも、北海道のウニなので、都内でも食べれない絶品の味。

R1257638_s

途中、のどぐろも酢飯で。

R1257641_s

白子も炙って。酢飯のソースに。

R1257643_s

穴子も塩とツメ。

卵焼きは、ちゃんとした仕事をしてました!

R1257644_s

R1257646_s

かんぴょうも食感にこだわっているところは、なかなかやるね〜~!!

これからどんどん伸びるであろう、注目のお寿司屋さんです!!


お店と詳細はこちらから>>【一幸】(札幌/寿司)

2012年10月24日 (水)

是非とも行ってもらいたい各地の名店シリーズ【小松弥助】(金沢/寿司)

「夕飯コーディネーター」
私、寺門ジモンが本日もご案内します!!

地方に行くと、
その地方の寿司の名店って、ありますよね!


絶対に行ってほしいのが、この小松弥助さん!

R1220910_s
アパホテルに一階にちょこーんとあります。
内側に入り口があり、

R1220917_s
店内は、大にぎわい。
寿司屋さんの理想型が、そこにあります。


R1220918_s
名店は、お茶の器がいいんだよね〜

R1220919_s
ガリ、
ガリを食べれば、仕事がちょっと見えてきます
いっぱいだったので、僕はカウンターに座れず、
テーブルに座りました。

R1220921_s
金沢のおいしい魚達が、
品よく、出てきます。
なんというかな〜、
あったかい寿司というのかな〜


R1220923_s
水なすも出てきます。
旬を地方で食べる、こんな贅沢はないのです。

R1220925_s
ズケも夏っぽい!
夏のズケ!
そんなことを叫びたくなる寿司ですよ

R1220926_s
ズケと親父さんの雰囲気写真

R1220927_s
お茶もお代りするたびに器がかわります。

R1220929_s
ちょこっと、こんなつまみも出てきたりします。

R1220933_s
これは、うなきゅう。

R1220935_s
どんな味でしょ〜

R1220936_s
断面ショ〜!
夏のうなぎ、キュウリ、ここで、
この巻き寿司〜、やるなぁ〜!


R1220939_s
追加で、この寿司も

R1220943_s
このお寿司も食べちゃいました。

R1220947_s
親父さんの仕事は、お寿司屋さんとしての
理想型で、あたたかく、ダイナミックで、
色っぽいです!
こんな、親父に、俺もなりたい


R1220948_s
動きに、無駄なし、
親父さんの動き、プロフェッショナルだ!


R1220954_s
〆に、ネギトロ、

R1220958_s
断面、こんな感じ!

親父さん、すみません。。。
こんな汚い写真出してしまって・・・
でも、見てほしかったんです。
おいしい寿司の裏側を。


R1220959_s
お土産に弥次喜多というおにぎりを
作ってもらいました〜
もし、お寿司が好きというあなた、
一度は、金沢の弥助寿司さんを
訪ねてみては、いかがでしょうか!

心が、熱くなりますよ〜!

お店の詳細はこちらから>>【小松弥助】(金沢/寿司)

2012年5月 9日 (水)

名店シリーズ!日本で最も予約が取れないお店!【あら輝】(お寿司/銀座)

「夕飯コーディネーター」の私、寺門ジモンが本日もご案内します!!

今日は、寺門ジモンの名店シリーズ!

日本で一番予約が取れないお寿司屋さんなので、
誰かを連れて行ってあげられれば、それだけでもサプライズ
できる人になってしまいますよ!

R1206626_s
お店はこんな感じ
奥にタケシさんの絵があります!

R1206635_s
この日のまぐろ、最高のものでした!
いや、いつも最高のものです。
仲買人と勝負しているから、手に入るものです!。
まずは、固まりをみせて、テンションをあげてくれる。
これ、あら輝流です!

R1206639_s
ここで説明しよう!
これは、ジモンコースです。
超常連だからできる、わがままです!
普通は刺身をたべてから、お寿司なのですが、
ぼくは、全てが寿司になって、出てきます。
それは、長くなるので、どこかでお話ししましょう!!
で、これは、鯛だ!
口のなかで、酢飯がほどける~
鯛と一緒に「あっ」と言う間に匂いに変わる!
食べないとわからない味です!

R1206644_s
まぐろの赤身。
ここがおいしければ、全てがおいしいのです!

R1206646_s
中トロ。
先ほどの赤身が最高ならば、この中トロは、
さらに天国!
R1206650_s
で、で、ここで、カツオ乱入
あら輝風アドリブ!
なぜ、ここにカツオが入るのか、
食べた者だけが知れるのです!

R1206651_s
でた~ トロ~~
酢飯の味が、変化したかのように、
感じでしまうのです。
それは、脂も入り方、ネタの温度によって、
いろいろ変化していくのです。
あら輝、やるね~!

R1206655_s
炙り鯵!
ちょっと、下品のように見えますが、
ネタによっては、手の上においてくれます。
崩れる程、柔らかいからです!

R1206659_s
イカだ~!
この包丁の入り方によって、
イカが、酢飯のソースに変わって
しまうのです!

R1206665_s
アワビだ~

R1206676_s
ウニだ~

R1206680_s
エビだー

などなど、たくさん食べて、
そして、最後に、穴子が、
ぱりっ、ふわ~です!!
R1206698_s

締めのちょもらんまも忘れずに。

R1206705_s
あら輝さんご夫婦です

R1206706_s
僕らが道から見えなくなる迄、
お辞儀をしてくれます!

R1206707_s
もう、いいですよ、あら輝さん。

なが~い、なが~い付き合いです。
いつもありがとうございます!
そして、これを出したのは、
訳があります!

あら輝は、今年、もしくは、来年、早くに、
日本から、離れてしまうかもしれません。
なので、なので、
皆さんも予約の隙間をぬって、
「あら輝」劇場を、楽しんでみてください!

お店の詳細はこちらから>>【あら輝】(お寿司/銀座)

2012年1月10日 (火)

出張で、旅にいったら必ず行ってもらいたいお店 【天寿司】(小倉/寿司)

「夕飯コーディネーター」の私、寺門ジモンが本日もご案内します。

本日のお店は、出張で九州にいったら、旅で小倉に行ったとき、

必ず、いってもらいたいお店があります。

E96ea19848

それは、小倉の天寿司

673da98f98

お入りくださいませ〜

0271833522

いろんな著名人にこの店を紹介して、必ず

「ありがと〜ジモンちゃん」と言われるお店です!

東京で寿司を極めた方に、お勧め。

江戸前ではなく、九州で独自に、育った寿司道でございます。

オーナーの天野さん

C7969869f3

だから、天寿司なんですね。

人柄すばらしい!おっかなくなく、

「九州によくきてくれましたな」と暖かく迎えてくれます。

寿司といったら、ガリでしょ。

ここは、九州なので、きゅうりなのです。

5a428cf854

臭橙で、さっと〆たきゅうりをお塩でいただきます。

639109aec5

江戸前とは違う!う〜しびれる〜!

もちろんマグロもでてきますよ。

866be9d446

でた!

19c9226bae

イカの雲丹のせ、子のせ、あの〜、言っときますけど、

マグロも塩、これも塩、いや、臭橙を搾って、出して

くれます。

しょうゆを使わない、やっぱり九州だね〜、

九州だけのお寿司です。

えびもぴーん!

7aea90afc9

光り物のも、どやさ〜

08a59f1c1e

ホタテにはツメというタレ。

C452e151e7

これが驚きのマグロ節か鰹節どっちだか忘れたんですが、

その出汁につけたヅケです。たまらないよ〜

42cb6890e7

このあと、白子も!

7674fc5a30

白身の肝乗せも!

6a973787fb

もちろん、アナゴも!

D6362088bf

タマゴも!

787582c8d2

しめて、23貫たいらげました〜!。

一つ一つがひとつの料理になっていて、

天野さんの人生が、九州の風土に乗っかって、

口の中で広がります。

食べ物が好きな方は、感動したい方は、

交通費払ってまでも、行く店です。

大切な人や、大切な会合に、お使いになっては

いかがですか?

リピート率90%!高いです!

ちなみに、冬はマグロが入るので、一人2万円くらい。

夏は、もう少し、お安くなる場合もあります。

でも、食べ過ぎたら、高くなっちゃいますよ。

あ、ひとついい忘れました。

このお店は、お酒はありません。なので、

お酒好きな方の接待には向きません。

食べ物が大好きだ、寿司が大好きだ、

江戸前は食べあきたって〜っって方にお勧めです!!